がんサバイバーによるがん保険の保障内容解説


実際に罹ってみてわかる、がん保険の大切さ。
自分も医療保険とがん保険の両方に加入していたので、闘病にかかる経済的な負担を相当軽くすることができました。

しかし、これがあればもっと楽になったのに、という保障もあります。
もちろん病歴のある自分はもう加入できませんが、これからがん保険の加入を検討している方の参考になればと、経験者の立場から記載してみます。

なるべく安い掛け金の保険を選ぶ。

保険料はなるべく安いものを選びたいですが、そうすると保障内容が軽くなるという問題が発生します。
保障内容は手厚く、かつ保険料を安く済ませる場合に選ぶのが、

ネット専売の保険 です。

保険会社自体がネット専売であったり、一般的な保険会社の中にも通信販売対応商品があります(自分のもコレ)。

なぜネット専売の商品が一般的な保険より掛け金が安いかというと、諸経費が安く済むからですね。
いわゆる「保険のおばちゃん」を必要としないので、人件費がかかりません。
商品の説明をネットで開示し、本格的に検討する時だけパンフレットを請求すれば、紙代・印刷代も削減できます。

安さが経費削減によるものなので、保障内容が劣っているということはありません。

ただ、頻繁にテレビCMが流れる超大手企業は別として、ネットでしか見かけない保険会社がどれくらい信用できるのかは気になるところです。
経営悪化で資金繰りできなくなり保険金が支払えなくなるといったことが発生しても困りますし。 :笑:

そのため、各保険会社のサイトを閲覧する際は、サイト内に掲載されている世界的な顧客満足度評価会社の評価を確認しましょう。
評価会社のサイトに順位も掲載されています。ネット専売業者も高ランクに位置していますね。

 J.D.パワー/レーティング&アワード

保障内容の選び方

がん保険で保障される内容は主に以下のものです。

  • はじめてがんと診断された場合に支払われるお金(診断給付金)
  • 入院1日当たりに支払われるお金(入院給付金)
  • 手術に対して支払われるお金(手術給付金)
  • 通院時に支払われるお金(通院給付金)
  • 先進医療に対して支払われるお金(先進医療給付金)
  • 退院して支払われるお金(退院給付金)

どの保障に重きを置くかはご自身の年齢や家族構成によって変わってきますし自分はファイナンシャルプランナーでもないので、具体的な保険商品の案内はせず保障内容の説明だけを記載します。

 診断給付金

診断給付金は、初めてがんと診断された場合に支払われるお金です。
「がん」といっても様々な種類があり進行度も様々ですので、保障内容のすべてが支払われるわけではありません。
放射線治療だけだったら手術しないわけですし、日帰り治療であれば入院給付金ももらえません。

それでもやはり出費はかさんでくるので、最初にどーんと保障しておこう、というのが診断給付金です。

なお、保障内容はごく初期(上皮内)だと対象外となる場合もあります。
また給付される金額も様々ですので、いろいろ比較して検討しましょう。

 入院給付金

そのものずばり、入院したら日額×入院日数分が給付されます。
最近は1日目から給付されるものも増えたようですが、適用開始日が設定されているものもありますので注意しましょう。
また給付期間に上限がある場合もあります。
医療保険にも同様の補償がありますので、両方加入しているとダブルで受け取れます。

 手術給付金

手術1回に対して給付されます。
手術内容に応じて金額が変わります。自分の胃切除の場合は満額給付でした。(医療保険とダブルで給付)
適用される範囲は、ごく初期の場合は外れる場合もあるかもしれません。保険ごとに基準がありますので、保障内容を良く確認しましょう。

 通院給付金

これ、大事。
一昔前のがん治療といえば手術などの入院治療がメインでした。
しかし、今は入院は2週間ほどで終わり、あとは長期間の通院治療を行うのが主になっています。
通院期間は投薬治療を伴うことが多く、期間が長くなれば手術以上の費用が発生することになります。
自分が加入している保険はこの通院給付金がないため、診断給付金で薬代を工面していました。

いま販売されている保険には通院給付金が付加されていると思われますが、何年も保障内容が変わっていない保険であれば、通院保障がない可能性もありますので、事前にしっかり確認しましょう。

 先進医療給付金

これは標準保障に含まれる場合と、特約として付加する場合があります。
そもそも先進医療とは何か、ですが、一言で説明すると「先進的すぎてまだ保険適用になっていない治療方法」のことです。
医療技術は常に新しい技術が研究・開発され、それまで治らなかった病気も治せるようになっていくわけですが、新しい技術が保険適用されるためには、「本当に治療効果があると断言できるデータ」が十分な量集まるまで待たなければなりません。

保険の適用外でも治療効果のデータが不足していても、先進医療の可能性に賭けてみたい、という場合に給付金を請求できます。

 退院給付金

保険により日数が違うようですが、入院期間が既定の日数を超えた場合に給付されます。
最近の入院期間は手術だけなら2週間くらいのようですね。(ブラックジャックによろしくに裏事情が書かれてましたがw)
通常の胃がんであれば2週間以内に退院できますが、自分は術後初の食事のあと高熱が出て退院が延期になったので、給付されちゃいました。

給付金の請求方法

ネット専売の保険であれば、請求書類は保険会社のサイトでダウンロードできる場合がほとんどだと思います。

請求のタイミングは退院してから。
診断給付金はすぐできるかもしれませんが、その他は、医師の診断書に記載してもらう「病名・進行度・手術内容・入院期間」などを基に給付金額が決まりますので、それが不確定な入院期間中は請求できないことになります。

ちなみに「がんを告知する時代になった」理由は「治る病気になったから」とよく言われますが、それより自分ががんだって自覚がなきゃ、がん保険の給付金請求できないじゃん :笑:

医療保険の比較サイト

保険会社のサイトをそれぞれ巡回して検討するのも手間と気力が必要です。
そんな時はオンライン比較サイトで気になった保険商品のパンフレットを一括請求しましょう。

保険市場
価格.com 保険

やっぱり自分で判断するのは難しい、という場合は対面の無料相談を利用するのも有効かと思います。

 

がんになったら、ホントに出費がかさみます。いや、マジで。
がん保険はがんになってからでは契約できませんので、健康なうちにぜひ加入をご検討くださいね。