家族や自分のがんと向き合うためにチェックするべきサイト


自分、もしくは家族など大切な誰かががんになったら。

考えたくはないけど、実際そうなってしまったら逃げずに真摯に向き合わなくてはなりません。
だって怖いけど、未来がないわけじゃない。

医者まかせじゃなく自分でも病気のことを理解して、後悔せず治療に向き合いましょう。

がん情報サービス

がん情報サービス独立行政法人国立がん研究センターがん対策情報センターが監修しています。
まず最初にこのサイトを利用しましょう。

各種がんの情報を得られることも重要ですが、豊富な「冊子」をダウンロードしてプリントアウトできるので、パソコンが苦手な人にも読んでもらうことができます。

最初は「がんになったら手にとるガイド」で、治療について、医療費についてなど最初に知っておくべき情報を勉強しておきましょう。

がん情報サービス

 

サバイバーシップ

survivorship胃がんの主要な抗がん剤の製薬会社とがんセンターが監修しているので胃がん寄りの情報が多いですが、副作用への対処法が分かりやすく解説されています。

また、患者の家族視点のQ&Aもあるので、本人以外でも使える情報が詰まっています。

サバイバーシップ

 

がんサポート

がんサポート月刊誌のWEB版なので2ページ目以降を読むには購読料が必要ですが、最新医療情報や著名人の闘病体験談など、豊富なコンテンツがアーカイブされています。

今も元気にメディアで活躍している著名人が体験談を載せているのを読むと、がんは治る時代になったんだなとしみじみ思います。

がんサポート

がんナビ

がんナビ日経BPが製薬会社各社の協賛で運営しているサイトなので、がん治療の最新ニュースが最上部に掲載されています。

そのほか、医療情報や患者の周囲の人のための連載コラムも充実しています。

がんナビ

 

そのほかに個人の闘病ブログなどもありますが、自分が一番経験者の生の声を得ているのは、意外にも某巨大掲示板だったりします。(ROM専ですが)
辛い現実を目にすることもありますが、当事者でなければ理解し合えない情報も多いので、自分にまっすぐ向き合う覚悟がある人は閲覧をおすすめします。