胃がんになった後のこと-消化器関係

胃がんは早期の場合を除き、手術で胃を全部または一部切除する必要があります。
治療のあと5年を経過するなりして一般的にいうところの「完治」になったとしても、失った臓器が元に戻ることはないので、多かれ少なかれ後遺症というものは出てきます。

以下は自分の経験した、また今後も経験していく症状の記録です。
胃がんに罹って間もないご本人はもちろん、身近に患者がいる方にも是非読んでほしいのです。

続きを読む 胃がんになった後のこと-消化器関係