胃がんの化学療法-抗がん剤&副作用対策

自分の胃がんの進行度はIIa(N0T3)で、進行がんに片足を突っ込んでいる状態でした。
「T3」はがん細胞の組織への浸潤が進んでいる状態、「N0」はリンパ節への転移は確認できない状態を意味します。

現在は、こういう状態では化学療法を行わないのが標準のようです。
そのため、化学療法を受けるかどうかの判断は、医者ではなく自分自身の意思で決めることになりました。

続きを読む 胃がんの化学療法-抗がん剤&副作用対策